Share Social Networking Global Communication Concept

P2Pソフトについて

「P2P」とは、「PeertoPeer」のことで、共有・交換ソフトウェアのことを「P2Pソフト」と呼んでいます。

P2Pは、正しく使用すれば非常に便利なソフトですが、しばしば違法行為にも使用されています。
便利だからと、きちんと知らずに利用していると、いつかあなたの家にも警察がやってくるかもしれませんよ?

■機密情報が漏洩!?

原則、仕事で使うパソコンには、決してP2Pソフトを入れてはいけません。

P2Pソフトは、自分が意図していない情報を他の人に公開してしまう可能性があるからです。

同様に、ウイルスなどが意図せず自分のパソコンに入ってしまうこともあります。
ウイルスに感染すると、自分では共有設定していないつもりでも、勝手に公開されてしまうこともありますから、十分な注意が必要です。

■大学など公共の回線では使わない

大学など、多くの人が使用する回線では、P2Pソフトは原則ご法度です。
重要な情報が漏洩する可能性や、ネットワークがウイルスに感染する可能性もありますが、それ以前に、回線を圧迫してしまうため、そもそもマナー違反。

良識を以って使いましょう。

もちろん、違法と知りながら、著作物の共有をしたりするのはやめましょうね。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_16513349_M
    具体的かつ客観的なものは何か?統計などの数字かもしれません。しかし妻の収入が25万円増えたら…
  2. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…
  3. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP