iphone4s16gb

■iPhone4Sは16GBがいちばん人気

現在、iPhone4Sは16GB、32GB、64GBの3種類が販売されています。

一時期は、パソコンでもとにかく容量の大きいものが人気だったのですが、近年はオンラインストレージやホームネットワークフォルダといったネットワーク利用の保存場所があったりして、本体内蔵の容量はシステムのスムーズな利用ができれば良しとされる時代になっています。

iPhone4Sも例外ではなく、もっとも容量の少ない16GBが一番人気。

容量の差による、本体価格の差も大きいでしょう。
SoftBankでもauでも、実質の本体価格は16GBと32GBで約1万円、32GBと64GBでも約1万円の差があるのですから、そこまでして容量の大きな機種を求める必要性はないといえます。

もっとも、iPodと同じ感覚で、多くの音楽を持ち歩きたいと考えるのなら、16GBでは厳しいです。

Androidや従来携帯ならば、microSDカードを挿せばいいだけの話ですが、iPhone4SにはmicroSDや代替品を挿す場所がないからです。

同様に、カメラでの撮影頻度が高い人も、16GBでは厳しいですね。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…
  2. pixta_12975080_M
    12月4日、岐阜県は関ヶ原古戦場周辺を「日本遺産」に認定してもらうべく、来月にも文化庁に申請する方針…
  3. pixta_16513349_M
    具体的かつ客観的なものは何か?統計などの数字かもしれません。しかし妻の収入が25万円増えたら…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP