AEDの使い方

最近建物はもちろん、町並みの一角などで「AED」という表記を見かける事も増えているのではないでしょうか。AEDというのは自動体外式除細動器の略なのですが、これが一体どのようなものなのか。基本は医療機器というカテゴリーに入るものでしょう。心臓の状態を自動で認識し、それに応じた電気ショックを与えてくれる、それがAEDですので、急な心肺停止状態に落ちってしまった時などにはその存在感というのは一層際立つものだったりするのですが、そんなAEDは使い方に慣れておく必要があるかもしれません。というのも、めったに使う機会がないでしょうが、そのため、いざ使うシチュエーションに遭遇した時、いきなり使えるという事は有り得ないでしょうから。使い方は簡単なものではないのですが、AEDの使用と同時に心肺蘇生も行うという点が挙げられます。つまり、AEDだけ行っても、その効果は半減してしまうものなのです。また、AEDの電極パッドも心臓に直接貼ってはなりません。心臓は左胸にあるものですが、右胸と左のわき腹あたり、ここら辺がAEDの適正な位置です。そうそう使う機会のあるものではないでしょうが、AEDがどのようなものなのかという点は理解しておくべきでしょうね。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_12975080_M
    12月4日、岐阜県は関ヶ原古戦場周辺を「日本遺産」に認定してもらうべく、来月にも文化庁に申請する方針…
  2. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…
  3. pixta_16513349_M
    具体的かつ客観的なものは何か?統計などの数字かもしれません。しかし妻の収入が25万円増えたら…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP