2007年に流行したもの

■2007年(平成19年)に流行したものは?

□Wii

家庭用ゲーム機「Wii」が前年末に発売。
これまでになかったコントローラは、無線通信で接続され、ボタン等の信号だけでなく、傾きや動きに反応することができるのが特徴です。
順調に発売台数を伸ばし、2007年年末に発売された「WiiFit」とともに大人気に。

□「千の風になって」

2006年の紅白歌合戦で歌われたこともあり、発売ラッシュの続いた2006年よりも2007年にヒット。
さまざまな人がカバーしているため、バージョンは多数あります。
合唱曲としてもアレンジされました。

□品格

2006年10月に発売された坂東眞理子著の『女性の品格装いから生き方まで』が2007年大流行。
2007年12月には『親の品格』も発売され、「品格」ということばも注目を集めました。

□iPod touch

アップル社の「iPod touch」が人気に。
タッチパネル式の操作感は当時とても珍しく、あまり機器に詳しくない層の消費者までを取り込むほどの注目を集めました。

□人生銀行

ただの貯金箱だけれど、液晶画面を備え、まるでたまごっちのように画面の中で住人の生活が表示される仕組み。

2007 流行語

■第24回 2007年(平成19年)

2007年は、年間大賞2つを含むトップテンが選ばれました。

□年間大賞
「(宮崎を)どげんかせんといかん」
受賞者:東国原英夫(宮崎県知事)

東国原知事が県議会の所信表明で述べた言葉。
古いものにとらわれず、とにかく頑張ろうという知事の話に多くの県民が期待をしました。

□年間大賞
「ハニカミ王子」
受賞者:石川遼(アマチュアゴルフ選手)

野球界の「ハンカチ王子」に対抗する形で名付けられた「ハニカミ王子」。
プロゴルフツアーにおいて15歳8カ月の最年少記録で優勝した石川選手の愛称として広く浸透しました。

□トップテン
「(消えた)年金」
受賞者:舛添要一(厚生労働大臣)

□トップテン
「そんなの関係ねぇ」
受賞者:小島よしお(タレント)

□トップテン
「どんだけぇ?」
受賞者:IKKO(メイクアップアーティスト)

□トップテン
「鈍感力」
受賞者:渡辺淳一(作家)

□トップテン
「食品偽装」
受賞者:(受賞者なし)

□トップテン
「ネットカフェ難民」
受賞者:川崎昌平(「ネットカフェ難民」著者)

□トップテン
「大食い」
受賞者:ギャル曽根(タレント)

□トップテン
「猛暑日」
受賞者:瀧沢寧和(熊谷市直実商店会会長)

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…
  2. pixta_18316047_M
    AKB48と言えば握手会です。2月11日にも横浜で握手会が行われました。ちなみにシングルCDでは握手…
  3. pixta_13289720_M
    全国各地で秋真っ盛りとなっておりますし、21日から23日にかけては3連休という事もあって各地で賑わい…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP