2002年に流行したもの

■2002年(平成14年)に流行したものは?

□タマちゃん

アゴヒゲアザラシが関東多摩川で発見され、「タマちゃん」と呼ばれ人気に。

□チワワ

金融会社アイフルのCMに登場し、チワワがブームに。
しかし、この「くぅ?ちゃん」は過労死したとの説もあり、また、チワワブームに乗って飼い始めたが飽きて捨ててしまうといった社会問題も生じてしまいました。

□Qoo

1999年に発売された日本コカコーラ社のジュース「Qoo」。
6?10歳程度の子どもをターゲットに製作されたジュースだったけれど、2002年はCMやパッケージに起用したキャラクターが広い世代で人気に。

□ドラマ『真珠夫人』

フジテレビ系(東海テレビ)で放送された昼ドラ『真珠夫人』が大人気に。
また、ドラマの中で出てくる「たわしコロッケ」も大きな話題になりました。

□ソフトモヒカン

サッカーW杯が注目を集めた2002年、イングランド主将のベッカム選手の髪型を真似る人が続出し、ちょっとしたソフトモヒカンブームに。

□おしゃれメガネ

視力矯正のためだけでないメガネが多く登場し、人気を集めました。
けれど、時東あみなどメガネアイドルの登場はまだ先。

2002 流行語

■第19回 2002年(平成14年)

2002年は、年間大賞、トップテン入賞、さらに特別賞が選ばれました。

□年間大賞
「タマちゃん」
受賞者:佐々木裕司(タマちゃん発見者)
受賞者:黒住祐子(フジテレビ・レポーター)

□年間大賞
「W杯(中津江村)」
受賞者:坂本休(中津江村・村長)

□トップテン入賞
「貸し剥がし」

□トップテン入賞
「声に出して読みたい日本語」
受賞者:齋藤孝(『声に出して読みたい日本語』著者。明治大学文学部助教授)

□トップテン入賞
「真珠夫人」
受賞者:鶴啓二郎(テレビ東海プロデューサー)

□トップテン入賞
「ダブル受賞」
受賞者:小柴昌俊(2002年ノーベル物理学賞受賞。東京大学名誉教授)
受賞者:田中耕一(2002年ノーベル化学賞受賞。島津製作所ライフサイエンス研究所フェロー)

□トップテン入賞
「内部告発」
受賞者:串岡弘昭(『ホイッスルブローアー=内部告発者』の著者)

□トップテン入賞
「ベッカム様」
受賞者:藤本信一郎(ウェスティンホテル淡路・総支配人)

□トップテン入賞
「ムネオハウス」
受賞者:佐々木憲昭(衆院議員・共産党)

□トップテン入賞
「拉致」

□特別賞
「Godzilla」
受賞者:松井秀喜(読売巨人軍・プロ野球選手)

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…
  2. pixta_18790842_M
    11月14日、財形新聞の発表によると最も引っ越し回数が多いのは熊本県出身者との事ですが、引っ越しはと…
  3. pixta_12975080_M
    12月4日、岐阜県は関ヶ原古戦場周辺を「日本遺産」に認定してもらうべく、来月にも文化庁に申請する方針…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP