1998年に流行したもの

■1998年(平成10年)に流行したものは?

□映画『タイタニック』

公開は前年だが、この年のアカデミー賞でさらにタイタニックブームに。

□自殺

あまり歓迎できない流行だが、特筆すべきほどに自殺が増えた年。
中学生の犯罪も増加し、「キレる」若者の増加も話題になりました。

□厚底靴

若い女性に特に人気に。
その他、デザイン性の高い靴が注目されました。

□迷彩柄、カーキ色

男女問わず流行ったのが、迷彩柄やカーキ色の服。
ほかに、ヒョウ柄やグレーなどこれまであまり流行してこなかった色に注目が集まりました。

□ネイルアート

多色のマニキュアを使用して爪に絵を描く「ネイルアート」が若い女性の間で流行。
今のようなショップはなかったため、自分で工夫して描くのが主流でした。

□「夜空ノムコウ」

SMAP27枚目のシングル「夜空ノムコウ」が大ヒット。
数年前からSMAPブームは訪れていたが、これが1990年代最大のヒットソングとなりました。

□ヴィジュアル系バンド

SHAZNA、MALICE MIZER、La’cryma Christi、FANATIC◇CRISISの4バンドが「ヴィジュアル系四天王」と呼ばれるなど、人気の最高潮に。

1998 流行語

■第15回 1998年(平成10年)

1998年は、大賞が3つに復活。
さらに特別賞が2つ設けられました。

□大賞
「ハマの大魔神」
受賞者:佐々木主浩(横浜ベイスターズ)

□大賞
「凡人・軍人・変人」
受賞者:田中真紀子(衆議院議員)

「小渕は凡人、梶山は軍人、小泉は変人」という田中真紀子氏の発言から。

□大賞
「だっちゅーの」
受賞者:浅田好未(パイレーツ)
受賞者:西本はるか(パイレーツ)

□トップテン入賞
「環境ホルモン」
受賞者:井口泰泉(横浜市立大学理学部教授)

□トップテン入賞
「貸し渋り」
受賞者:表彰保留(該当者を名乗り出る関係者皆無のため)

□トップテン入賞
「老人力」
受賞者:赤瀬川原平(作家)

□トップテン入賞
「ショムニ」
受賞者:安田弘之(原作者)

□トップテン入賞
「モラル・ハザード」
受賞者:中坊公平(住宅金融債権管理機構社長)

□トップテン入賞
「冷めたピザ」
受賞者:ジョン・ニューファー(三井海上基礎研究所)

□トップテン入賞
「日本列島総不況」
受賞者:堺屋太一(経済企画庁長官)

□特別賞
「スマイリング・コミュニスト」
受賞者:不破哲三(共産党中央委員長)

□特別賞
「ボキャ貧」
受賞者:小渕恵三(内閣総理大臣)

カテゴリー

おすすめ記事

  1. unspecified (1)
    1月4日、とあるテレビ番組にて「明智光秀はその後南光坊天海(以下、天海)になった」と、する都市伝説が…
  2. imasia_13183555_M
    元旦は、何かの目標を決めるのに良い日です。もちろん何かをスタートする際、雑学にこじつけて日を選ぶ…
  3. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP