1994年に流行したもの

■1994年(平成6年)に流行したものは?

□スノーボード(スノボ)

スノーボードと、スノーボード・スタイルと呼ばれるファッションが流行。
ストリートファッションも流行し、全体的にゆったりとしたカジュアルが人気を集めました。

□白い水着

「水に濡れても透けない」白い水着が登場して大人気に。

□通信カラオケ

すでに第3次カラオケブームを経て多数点在していたカラオケボックス。
しかし従来のカラオケは主にディスクで供給されていたため、新曲追加が遅く、曲数や背景映像に限りも。
1992年から販売されていた通信カラオケが、この年にブームになり、相次いで導入するカラオケ店が増えました。

□『家なき子』

ドラマ『家なき子』が大ヒット。
「同情するなら金をくれ!」と主人公の少女(=安達祐実)が叫ぶシーンをはじめ、中島みゆきさんの歌う主題歌「空と君のあいだに」も人気になり、同じく中島みゆきさんの「ファイト!」も大流行しました。

この年はほかにも爆発的なヒット曲が多く、「ロマンスの神様」(広瀬香美)、「愛しさと切なさと心強さと」(篠原涼子)などが発売されています。

また、GLAYが「RAIN」でメジャーデビューを果たしました。

1994 流行語

■第11回 1994年(平成6年)

1994年は部門が廃止され、賞が一新。
これにより、新語と流行語とを区別しない形になりました。

□大賞
「すったもんだがありました」
受賞者:宮沢りえ(女優)

タカラ「カンチューハイ」CMより。

□大賞
「イチロー(効果)」
受賞者:鈴木一朗(オリックスブルーウェーブ)

□大賞
「同情するならカネをくれ」
受賞者:安達祐実(女優)

日本テレビのドラマ『家なき子』の主人公(=安達祐実)の台詞より。

□トップテン入賞
「価格破壊」
受賞者:中内功(ダイエーグループ)

□トップテン入賞
「ヤンママ」
受賞者:田村恵子(株式会社笠倉出版社)

□トップテン入賞
「新・新党」
受賞者:小沢一郎

□トップテン入賞
「大往生」
受賞者:永六輔

□トップテン入賞
「人にやさしい政治」
受賞者:保留

□トップテン入賞
「契約スチュワーデス」
受賞者:表彰者なし

□トップテン入賞
「関空(かんくう)」
受賞者:服部経治(関西国際空港社長)

□審査員特選造語賞
「ゴーマニズム」
受賞者:小林よしのり(漫画家)

□審査員特選造語賞
「就職氷河期」
受賞者:長薗安浩(就職ジャーナル元編集長)

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_13289720_M
    全国各地で秋真っ盛りとなっておりますし、21日から23日にかけては3連休という事もあって各地で賑わい…
  2. pixta_12975080_M
    12月4日、岐阜県は関ヶ原古戦場周辺を「日本遺産」に認定してもらうべく、来月にも文化庁に申請する方針…
  3. pixta_18316047_M
    AKB48と言えば握手会です。2月11日にも横浜で握手会が行われました。ちなみにシングルCDでは握手…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP