1989年に流行したもの

■1989年(昭和64/平成元年)に流行したものは?

□ロングフレアスカート

現在の「マキシ丈スカート」と類似の流行。
脚の隠れる長い丈で、かつ布をたくさん使ったフレアスカートが女性に大人気でした。

□ゲームボーイ

任天堂から携帯型ゲーム機「ゲームボーイ」が登場。
モノクロ液晶、乾電池式の携帯型ゲーム機で、携帯型ゲームのはしりとなりまりました。

□皇室・紀子さま

秋篠宮殿下(秋篠宮文仁親王)との婚約発表が大きな話題になり、皇室・紀子さまブームに。
その生い立ちも大きな話題になり、アニメまで放送されました。

□おとなのふりかけ

永谷園が「おとなのふりかけ」を発売。
背伸びして食べてみる子どもが話題に。

□学園天国

小泉今日子の28枚目のシングル「学園天国」が大ヒット。
フジテレビ月9ドラマ『愛しあってるかい!』主題歌であったこともあり、注目を集めました。

□映画『魔女の宅急便』

角野栄子原作『魔女の宅急便』をアニメーション映画化したジブリ作品。
今でもファンの多い宮崎駿監督作品のひとつです。

□よしもとばなな

『TUGUMI』など、よしもとばなな小説が大人気に。
『TUGUMI』は、平成初のミリオンセラーになりました。

1989 流行語

■第6回 1989年(昭和64/平成元年)

1989年は、昭和から平成へと変わった年。
新語・流行語大賞では、新語部門5、流行語部門5、特別部門3の計13のことばが選ばれました。

【流行語部門】

□金賞
「オバタリアン/オバタリアン(旋風)」
受賞者:堀田かつひこ(漫画家)
受賞者:土井たか子(日本社会党委員長)

漫画『オバタリアン』は、"図々しく羞恥心がなく自分勝手"なおばさんを描いた作品。
漫画を離れ、政界でも「オバタリアン」パワーが話題になりました。

□銀賞
「ケジメ」
受賞者:久米宏(ニュースキャスター)

なんでもない「けじめ」という言葉が金賞に。
「巨人が優勝したら丸坊主になる」との約束を守った久米氏との対比もあり、政治家のケジメについて厳しい批判が続出したことから選ばれました。

□銅賞
「24時間タタカエマスカ」
受賞者:受賞者:時任三郎(俳優)

栄養ドリンク「リゲイン」のCMから生まれた言葉。

□大衆賞
「イカ天」
受賞者:三宅裕司(TBS『イカすバンド天国』)

TBS『平成名物TVイカすバンド天国』の略語。
バンドブームを背景に、素人バンドが勝ち抜き戦で戦う番組内容でした。

□大衆賞
「こんなん出ましたけど?」
受賞者:泉アツノ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. imasia_13183555_M
    元旦は、何かの目標を決めるのに良い日です。もちろん何かをスタートする際、雑学にこじつけて日を選ぶ…
  2. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…
  3. pixta_16513349_M
    具体的かつ客観的なものは何か?統計などの数字かもしれません。しかし妻の収入が25万円増えたら…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP