1987年に流行したもの

■1987年(昭和62年)に流行したものは?

□俵万智『サラダ記念日』

俵万智さんの歌集が大流行。歌集は売れないとの定石を破り、280万部のベストセラーに。
サラダ記念日現象とまで呼ばれ、社会現象になりました。

□ミニスカート&リボン・フリル

女性のファッションでは、前年から流行っていたミニスカートが定着。フリルやリボン、カラフルなプリント柄など女の子らしいかわいらしいものが大流行しました。
ちょうど現在(2011年)、また類似の流行が見られますね。

□ワンレン

「ワンレン(ワンレングス)」というヘアスタイルが流行。現在でいうところのストレートボブといったところ。
1990年代初頭までディスコとともにブームがつづきました。

□フジテレビ『志村けんのだいじょうぶだぁ』

番組とともに「だいじょぶだぁ?」という言葉も大流行。
また、第1回から登場している「変なおじさん」の「♪変なおじさんだから変なおじさん?」の歌も流行り、真似をする子どもが多く見られました。

□アニメ『愛の若草物語』

フジテレビ「ハウス世界名作劇場」で放送されたテレビアニメが異例の大ヒット。
2000年になってDVD化を果たしています。

1987 流行語

■第4回 1987年(昭和62年)

1987年は、特別賞が「特別賞部門」と別部門へ。流行語部門では言葉が純粋に流行したものを選出するようになりました。

【流行語部門】

□金賞
「懲りない○○」
受賞者:安部譲二

安部譲二氏の『塀の中の懲りない面々』がベストセラーに。そこから転じて汚職や詐欺などの事件を繰り返すリアルの人も「懲りない○○」と呼ばれるようになったことから受賞となりました。

□銀賞
「なんぎやなぁ」
受賞者:辛坊治郎
受賞者:森たけし

前年優勝から一転、負け続けた阪神タイガースの様子を見て出た言葉。批判ではなく、愛情と悔しさを滲ませた言葉が全国区の流行語に。

□銅賞
「ゴクミ」
受賞者:後藤久美子(女優)

元祖国民的美少女と呼ばれた後藤久美子さんが大人気となった年。愛称の「ゴクミ」が銅賞に。

□大衆賞
「マンガ日本経済入門」
受賞者:石ノ森章太郎

特定の言葉ではなく、表現方法が流行語大衆賞として評価された異例の受賞でした。

□大衆賞
「ワンフィンガー」「ツーフィンガー」
受賞者:村松友視

ウイスキーのテレビCMから生まれた言葉。

□大衆賞
「サンキューセット」
受賞者:藤田田(日本マクドナルド株式会社社長)

カテゴリー

おすすめ記事

  1. imasia_13183555_M
    元旦は、何かの目標を決めるのに良い日です。もちろん何かをスタートする際、雑学にこじつけて日を選ぶ…
  2. pixta_16513349_M
    具体的かつ客観的なものは何か?統計などの数字かもしれません。しかし妻の収入が25万円増えたら…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP