16ビットアプリケーション

パソコンの専門用語は中々難しいものもありますし、かつては使われていたものの今ではめったに見かけなくなっているものもあります。その中の一つに16ビットアプリケーションがあります。16ビットアプリケーションは、16ビットのOSで動作するアプリケーションの事です。16ビットのOSというと、MS-DOSやwindows3.1といったかつてのOSです。そのため、16ビットアプリケーションは今では形骸化しているといっても過言ではないでしょう。パソコンの世界も進化しますから、16ビットアプリケーションは今ではあまり見かける事はありません。最近では32ビットアプリケーション、64ビットアプリケーションまで登場してきていますが、コスト面や実用面を考えると32ビットアプリケーションが主流でしょうか。とはいえ、32ビットのOSでも互換性があれば16ビットアプリケーションを動作させる事が出来ますので、16ビットアプリケーションそのものを見かける事もあるかもしれません。
とはいえ、どのような違いがあるのかというのは一般人にとっては中々識別するのが難しいもので、専門家レベルでなければ気付けないでしょうね。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_16513349_M
    具体的かつ客観的なものは何か?統計などの数字かもしれません。しかし妻の収入が25万円増えたら…
  2. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…
  3. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP