飛び石の修理方法とは

昨今は少なくなりましたが、砂利道などで石が飛んでくる、いわゆる飛び石によって愛車に傷が付くことがあるようです。シャーシの裏など目立たない箇所であっても稀に車軸やオイル系統に傷、破損があると重大事故につながることになるので適切な修理方法を考えましょう。例えば駐車中または走行中でも車から必要以上の水や油が垂れている場合は早めに修理方法をディーラーや修理工場などと相談すべきです。一方ドアを含めたボディに飛び石で傷が付くと悲しいものです。誰のせいにもできずショックですが、小さな傷であれば市販の修理キットを利用した修理方法がリーズナブルです。しかし大きな傷であったりガラス類に付いた傷の場合には見栄えや安全面を考慮すると修理工場に依頼した方が安心です。なお飛び石による事故?の場合、車両保険は使えるのか?という疑問もあるようです。もちろんケースバイケースで契約内容によって異なりますが、故意に砂利道で危険走行をした場合でなければ飛び石による傷、修理方法を問わず保険対象になり、自分の責任ではないため、翌年の保険料にも影響しないようです。ただし修理前に保険会社へ連絡することが原則です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…
  2. imasia_13183555_M
    元旦は、何かの目標を決めるのに良い日です。もちろん何かをスタートする際、雑学にこじつけて日を選ぶ…
  3. pixta_14260303_M
    お宅のトイレはどこにありますか。我が家は玄関の傍にあります。今まで住んだ家やアパート、友人宅などを考…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP