imasia_18106456_M

重罪もありえる放火

連続放火犯など、民家やゴミ捨て場などの放火事件は、テレビでもよく報道されていますが、放火殺人などの場合には、被害者に与える苦しみが大きい分、犯罪の中でも、重い罪だと言われています。
特に、中にたくさんの人が居ると分かっていて、放火をしたり、その結果、大量放火殺人になると、最悪、死刑判決になる事もあるほど、放火は重い犯罪だと言えるでしょう。
そして、放火だけでなく、失火の場合にも、他人の所有物を燃焼させた場合には、1年以上10年以下の懲役になる事もあると言われています。
ただ、失火の場合には、それぞれの家庭が火災保険に入っていないと、他の家の失火に巻き込まれて、自宅が全焼した場合にも、損害賠償金を取れない事が多いですし、失火元の家庭が保険によって、新しい家に引っ越してしまう事もあります。
もちろん、故意に放火したわけではなくても、他の家を火災に巻き込んでしまう事はありますから、刑事裁判だけでなく、火災保険で自分の身を守ると言うのも1つの方法だと言えるでしょう。
ちなみに、中に人が居るか居ないかで、同じ放火でも懲役期間が大きく異なると言われています。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18790842_M
    11月14日、財形新聞の発表によると最も引っ越し回数が多いのは熊本県出身者との事ですが、引っ越しはと…
  2. pixta_18316047_M
    AKB48と言えば握手会です。2月11日にも横浜で握手会が行われました。ちなみにシングルCDでは握手…
  3. imasia_13183555_M
    元旦は、何かの目標を決めるのに良い日です。もちろん何かをスタートする際、雑学にこじつけて日を選ぶ…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP