車のヘッドライトカバー

ヘッドライトのカバーは、たいていポリカーボネートという樹脂でできています。
このカバーは、残念ながら黄ばみやくすみ、くもりが起こることも多く、美しい透明な状態に戻すのはとても難しいと言われています。
◆専用のコンパウンドを使う
ヘッドライトカバーの汚れは、普通にカーシャンプーを使って落とします。
それで落ちない黄ばみやくすみなどには、ヘッドライトカバー用のコンパウンドを使うしかありません。
コンパウンドとは、いわゆる研磨剤です。
表面を削り取ることで、美しくするものですから、材質に合っていない粒子のものを使用すると、かえって傷感が目立ち、白く濁ってしまいますから、専用のものを使用し、迷ったら粒子の細かいものから純に試してみるべきです。
コンパウンドで黄ばみやくすみがとれたら、乾拭きしてよく拭き取り、さらに洗剤で洗い流しましょう。
◆コーティングを忘れないで
コンパウンドは、表面を削り取ることで表面の美しさを取り戻します。
そのため、そのまま放置しておくと、汚れが付着しやすくなったり、劣化が進行します。
コーティング剤を塗布しておきましょう。
ダメなら専門家に任せること。
分解しなければ解決しないケースもあります。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…
  2. pixta_12975080_M
    12月4日、岐阜県は関ヶ原古戦場周辺を「日本遺産」に認定してもらうべく、来月にも文化庁に申請する方針…
  3. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP