行政書士の取得方法

いわゆる書士と呼ばれている資格ですが、その中では比較的取得しやすいと言われているのが行政書士ですね。
行政書士の合格率は20%前後と言われていますが、行政書士は受験資格がさほど高くはありません。
他の書士の場合、特定の科目単位を取得していなければならないケースが多いのですが、行政書士の場合はそのような事はありませんので、多くの人が受験する事が出来るのです。
ですが行政書士は取得方法よりも、取得してからの方が大変かもしれません。
行政書士として活動するためにはその地域の行政書士団体に登録料を支払わなければならないのです。
さらにはそこから自分で仕事を取得しなければなりません。
実際問題、行政書士の資格を取得したものの、登録料だけ支払って何も出来ないでいるという人もいるようです。
ですので、行政書士は取得方法はもちろんですが、その後どうすべきなのか。
ここまで考える必要があるのかもしれません。
国家資格ではあるのですが、行政書士の不便さを痛感し、司法書士や会計士といった他の資格を取得して、そちらと併せて活動しているという人も少なくないようですから。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_16513349_M
    具体的かつ客観的なものは何か?統計などの数字かもしれません。しかし妻の収入が25万円増えたら…
  2. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…
  3. pixta_13289720_M
    全国各地で秋真っ盛りとなっておりますし、21日から23日にかけては3連休という事もあって各地で賑わい…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP