航空機の免許について

現在では多くの日本人が航空機を利用するようになりましたが、自動車とは異なり自家用の航空機を所有する人はわずかしかいません。また航空機の操縦ができる人も航空会社や自衛隊のパイロットがほとんどです。この理由は、航空機の免許の取得方法が極めて難しいためです。もちろん車のように教習課程を経る取得方法が一般的ですが、1課程を修了するのに200万円程度の費用がかかり、期間も1年程度かかるのが普通なので、余程航空機に取り憑かれた人でなければ続かないようです。このように取得方法が困難になっている理由は、合計200時間近い教習を受ける必要があり、1時間当たり1万円程度の教習費用がかかるためです。さらに事業用の免許を取得するためには、この倍以上の費用がかかります。なお日本においても航空機の操縦免許の取得方法はありますが、アメリカなどへ行って2カ月程度集中して取得するケースが多いようです。アメリカに行けば英語を習得する必要に迫られますが、航空機の操縦に際して飛行場の管制官との通信は、たとえ日本であっても英語が原則なので、英語の学習はどのみち不可欠なのです。つまりどこで訓練を受けようと取得方法の難しさは変わらないのです。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_14260303_M
    お宅のトイレはどこにありますか。我が家は玄関の傍にあります。今まで住んだ家やアパート、友人宅などを考…
  2. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…
  3. pixta_13289720_M
    全国各地で秋真っ盛りとなっておりますし、21日から23日にかけては3連休という事もあって各地で賑わい…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP