航空整備士になりたい

これらの整備は誰でも行えるものではなく、航空整備士の資格保持者でなければならないもので、さらに言えばこれは国家資格になります。
いわゆる独占稼業になりますね。
その取得方法はと言うと、試験になります。
学科と実技からなる試験で、学科に関しては基本的な知識、そして実技に関しても整備や点検における基本的な知識を蓄えているのかどうか。
この点が問われるのです。
ありがたい事に、国家試験は年2回行われていますので、年に2回、取得方法、つまりは航空整備士になるチャンスがあるのです。
一等整備士、一等運航整備士、二等整備士、二等運航整備士といった区分もあり、それぞれ年齢制限、そして整備経歴が必要になってきます。
整備を行う上で絶対に必要な資格になりますので、その道を目指しているのであれば必ず取得しなければならない資格ですが、飛行機がなくなる事はないでしょうから、その点では安定した資格とも言えるでしょう。
一方で、飛行機やヘリコプターの技術は年々進化していますので、その進化に付いて行く力量も必要です。
資格があってもスキルが追いついていないとなると、整備出来ないでしょうから。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_13289720_M
    全国各地で秋真っ盛りとなっておりますし、21日から23日にかけては3連休という事もあって各地で賑わい…
  2. imasia_13183555_M
    元旦は、何かの目標を決めるのに良い日です。もちろん何かをスタートする際、雑学にこじつけて日を選ぶ…
  3. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP