imasia_6314959_M

罰金の出費料

傷害事件は割りと頻繁に起きてしまう事件と言えるかもしれません。
それこそお酒に酔った時などは仲間内でも傷害事件にまで発展してしまう事も珍しくありません。
そのような比較的身近な事件とも言える傷害事件も、それは立派な刑事事件となりますので、当然ですが罪を被り、それを償う事が求められるのですね。
しかし、傷害事件は示談という形での解決が多いのも事実です。
警察としても傷害でわざわざ裁判沙汰になるよりかは、当事者同士で、警察が間に入る事で示談してもらう方が様々な面で好ましいのですが、そんな傷害事件は刑事罰の対象でもありますので、罪を犯してしまった場合、被害者感情云々抜きに刑事罰を受けなければなりません。
示談というのは、言うなれば民事での出来事であり、刑事罰を受けるのは示談とはまた違う話なのですね。

そんな傷害事件は罰金30万円が科せられます。
もちろんこれは上限ですので、必ず30万円払う訳ではありませんが、30万円以下の罰金を科せられるのが傷害事件でもあります。
ですから、傷害事件を起こしてしまった時、最悪30万円の出費が掛かるという事を意味しているのですね。
モラルの問題ももちろんですが、お金の問題も考え、傷害事件などとは無縁の生活を送りたいものですよね。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…
  2. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…
  3. pixta_18316047_M
    AKB48と言えば握手会です。2月11日にも横浜で握手会が行われました。ちなみにシングルCDでは握手…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP