竿の修理方法とは

愛用品が壊れた場合、思い入れが深いほど修理方法を考えるものです。他人からみればゴミ?同様であっても、本人にとっては宝物!絶対に捨てられない逸品があるものです。特に使用頻度が高い、それも激しい動きのあるものであれば壊れる機会が増えるのも仕方のないことであり、そんな品物に釣り竿があります。獲物と格闘すれば必然的に竿は傷み、時に大物に負けて竿を折られるケースが少なくありません。それが勲章!とも言えるでしょうが、できる限りの修理方法を試みリベンジに挑みたいものです。もちろん竿の修理方法としてわかりやすいのは釣り具店にお願いすることです。壊れた状況にもよりますが、多少の破損程度であれば修理は可能でしょう。しかし釣りの現場でできる修理方法はないのでしょうか?これも壊れ方、そして箇所によりますが、瞬間接着剤やライターを使った応急処置としての修理方法があります。接着剤やプラスチック部分は熱することにより溶け出し、加工が可能になるので案外重宝します。なお昨今の釣り竿は素材が良いのでポキッと折れることはまずありませんので、部品同士の接合部、竿の先、地面や岩場と擦れやすい部品・箇所などの取り扱いには日頃から注意が必要です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_14260303_M
    お宅のトイレはどこにありますか。我が家は玄関の傍にあります。今まで住んだ家やアパート、友人宅などを考…
  2. unspecified (1)
    1月4日、とあるテレビ番組にて「明智光秀はその後南光坊天海(以下、天海)になった」と、する都市伝説が…
  3. pixta_16513349_M
    具体的かつ客観的なものは何か?統計などの数字かもしれません。しかし妻の収入が25万円増えたら…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP