究極のたばこ代節約術

たばこは正に税の宝庫!
たばこ税として一括りにされてしまうと、ついつい軽く考えてしまいがちですが、実はその中には、国に納める国税、都道府県に納める都道府県税、市区町村に納める市区町村税、それに特別措置に関わる法律に基づき管理されるたばこ特別税と、4つもの税金が含まれているため、全体の65パーセントが税金なのです。
しかも、これプラスという形で1箱辺りの消費税が加算される訳ですから、正しく愛煙者は最良の愛国者なのでありますよ。

となるとですね、消費税増税が施行される今、たばこをやめれば、非常に大きな節約になる事は間違いありません。
言うまでもなく、健康のためにもそれが一番!
と誰もが多少なりとも分かってはいるものの、それが出来ないから苦労しているんですよねぇ!!
だったら、何も無理してやめるのではなく、今まで通り、吸いたいだけ吸って、たばこ大を上手に節約する事を考えましょう。

例えば、たばこが切れ、手元に予備や買い置きがない!
今すぐ買いに行く時間や場所、あるいはお金がない!!
そんな時、多くのヘビースモーカーさんたちが試みるのがシケモクです。
シケモクというのは一度吸い終わって火を消したたばこの事で、正式にはシケモクを吸うという事にはなり、実にわびしいものではあるのですが、それでも、これが結構吸えるのは吸えます。
というのも、現在最もポピュラーな紙巻きたばこでは、必ずと言っていいほど燃え切らずに残る葉というのがあるからです。
しかも、通常サイズのたばこであれば、1箱20本分の燃え残った葉だけでも、たばこ2本分はあると言われていますからね、これは見逃せませんよ。
そう、それらを拾い集めて新たな紙巻きたばこを作る事で、プラス2本も吸えちゃうという事なのであります。

ただし、自分で紙巻きたばこを作るには、専用の巻紙を購入する必要があります。
とは言っても、こちらは50枚入りで100円から150円位なので、1本当たり2円から3円と、思いのほかリーズナブルです。
たばこ1箱で2本分のたばこが作れるという事はですね、1カートン分のたばこで20本、な・なんと、1箱分もお得になるという事になり、強いては、たばこ1箱分も節約出来るという事になります。

ですが、都度吸い終わった後に灰皿をあさって燃え残った葉を拾い集め、手巻きたばこを作るというのはとにかく面倒で、厄介な話です。
時と場合によっては、人目が気になり、恥ずかしい事も多いでしょう。
おまけに、こうして作った努力のたまもののような1本ですが、これが実に美味しくないとなると、どうでしょ?
これがきっかけでたばこ嫌いになって、本当に禁煙&節約が出来るようになるかも知れませんよね。
以上、今日は究極とも言えるたばこ代の節約術をご紹介いたしました。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18790842_M
    11月14日、財形新聞の発表によると最も引っ越し回数が多いのは熊本県出身者との事ですが、引っ越しはと…
  2. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…
  3. pixta_16513349_M
    具体的かつ客観的なものは何か?統計などの数字かもしれません。しかし妻の収入が25万円増えたら…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP