税金は安くなるの?

給料が入ったと思っても、よくよく見てみると結構な額を税金で取られている。これはよくある話なのですが、ではその税金を安くする方法はないのでしょうか。この方法はいくつかあります。サラリーマンの場合は正直難しいのですが自営業やフリーランスの場合は、如何にして経費計上するかでしょう。所得に対して、どれくらいの経費がかかっているのか。上手に深刻しているおかげで、ほとんど税金がかかっていないという個人事業主もいるほどです。ですから、確定申告はまさに「命がけ」と言っても良いかもしれませんね。確定申告で次年度の税金が決まってくるのです。ここでどこまで経費として認められるのかが鍵となってくるのです。それこそ買い物全てのレシートを残している人は珍しくありません。どこに足を運んでも必ず領収書をもらっている人もいるでしょう。領収書でれば経費として認められる可能性がとても高いですから、そのために領収書をもらうのです。こうして上手く経費計上する事で、所得の中での「利益」が減ります。言うなれば利益の部分が課税対象になりますので、税金を安くしたいのであれば、まずは領収書を取っておきましょう!

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…
  2. pixta_16513349_M
    具体的かつ客観的なものは何か?統計などの数字かもしれません。しかし妻の収入が25万円増えたら…
  3. pixta_13289720_M
    全国各地で秋真っ盛りとなっておりますし、21日から23日にかけては3連休という事もあって各地で賑わい…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP