私の中の流行のおもちゃは?

流行のおもちゃというのは、常に時代の象徴と言っても過言ではないでしょう。
子供の頃に流行ったおもちゃで、その人の大まかの年代が分かります。

例えば、昔流行ったおもちゃとして何化につけ上げられるのがフラフープとミルク飲み人形ですが、この2つはいずれも1950年代に登場し、一世風靡した物で、恐らくアラ還の方にはすご?く懐かしさがあるものの、同じ50代でも、前半の方々には、余りなじみがないかも知れません。
ただ、そんな所謂アラフィフ世代たちが夢中になって遊んだであろうミニカーや野球盤ゲームなどは、これらとほぼ同時期に発売された物で、当初はさほどでもなくても、時と友に進化し、確実に人気玩具の座を確立しています。
どちらも決して爆発的ヒットを巻き起こした流行のおもちゃとは言えずとも、幅広い世代の人たちが、一度は子供の頃に愛したおもちゃであると言っても過言ではないでしょう。
そういう意味では、その後1960年代に登場したリカちゃん人形やプラレール、そして、人生ゲームなどは、その代表格と言えそうですね。

ところがところが2000年代以降、新たに登場してロングセラーとなっているおもちゃと言えば、ニンテンドーDSやプレイステーション、それにWiiと、家庭用ゲーム機ばかりで、確かに売れてます。
誰もが持っていますが、それそのもので遊んだ事が思い出になるかと言うと、そうではなく、夢中になるのはソフトとして売られるゲームの中身です。
まあもっとも、これさえ持っていれば、次々とリリースされる人気のゲームを楽しめるという利点はあって、正しく流行をキープするための武器である事は間違いありません。
ですが、本体そのものに子供たちの思い出や愛着を見いだすパワーが弱い事は否めないでしょう。

こうした現象を見ていると、ゲイラカイトやルービックキューブを極めるべく、夢中で体や頭を動かしていた我々世代は、何だかちょっぴり寂しい!
今や、世代を問わず愛され、人気を博す本当の流行のおもちゃや私の中の流行のおもちゃと言える一品になるようなおもちゃというのは、もう登場して来ないのでしょうか?

カテゴリー

おすすめ記事

  1. unspecified (1)
    1月4日、とあるテレビ番組にて「明智光秀はその後南光坊天海(以下、天海)になった」と、する都市伝説が…
  2. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…
  3. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP