示談金を払う

傷害事件というのは相手から暴力を受ける、あるいは暴力をしてしまう。
それが傷害事件ですが、傷害事件というのは立派な刑事罰の対象ですので、比較的安易に起こせる事件とはいえ、その責任は決して軽いものではないのです。
そんな傷害事件は多くが示談金という方法で解決しているものです。
傷害事件を起こしてしまった側からすれば、警察に逮捕という状況になってしまうと、職を失う事にもなってしまうでしょうし、拘束されるなど、精神的にも大きなプレッシャーを感じる事になってしまいます。
そこで示談金という方法で和解する事が一般的でもあるのですね。
傷害事件を起こされた側にしても相手が逮捕されても自分が傷付いた事に変わりはありません。

しかし、そこで示談金を受け取れるのであれば、それで納得するという人も少なくないようですので、傷害事件の解決は示談金が一般的と言われています。
その額も、相場云々ではなく、相手の感情に任せてしまう部分が大きいものですが、傷害事件の被害者からすれば、相手が「容疑者」となってしまおうがそれは特になんら影響のない話ですから、傷害事件の示談金というのは、加害者側にとってこそ、非常に大きな問題という事が言えるのですね。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18790842_M
    11月14日、財形新聞の発表によると最も引っ越し回数が多いのは熊本県出身者との事ですが、引っ越しはと…
  2. unspecified (1)
    1月4日、とあるテレビ番組にて「明智光秀はその後南光坊天海(以下、天海)になった」と、する都市伝説が…
  3. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP