短冊の処分方法

七夕の風物詩といえば願いを込めた短冊を飾る事でしょう。
一年に一回自分の願い事を短冊に綴る。
それはロマンのある話でもあったりするのですが、現実的な部分に目を向けたとき、その短冊は七夕が終わったらどのように処分するものなのでしょうか。
なまじ情が込められている分、その処分方法に悩んでいるという人も少なくなかったりするのですが、そんな短冊は、かつては川や海に流す、いわゆる七夕送り、七夕流しという風習があったものですが、現代社会ではそうした風習はなくなってしまっています。
それは衛星という観点から川に流す事が出来なくなってしまっているという面も大きかったりしますので致し方ない部分もあるのですが、そのため、短冊の処分というのは少々味気ないですが、ゴミに出すという方法が一般的なのです。
短冊をゴミに出すことに抵抗を覚える人も少なくないでしょうが、現実的にやはりゴミとして処分する以外の方法が見当たらないという事もありますので、実際にはゴミには捨てたくないと思っている人も、現実的にはゴミとして処分するしか方法がないというのが、短冊の現実だったりするのです。
少々物悲しいですが、今ではそのような方法が一般的になってしまっているのです。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_14260303_M
    お宅のトイレはどこにありますか。我が家は玄関の傍にあります。今まで住んだ家やアパート、友人宅などを考…
  2. imasia_13183555_M
    元旦は、何かの目標を決めるのに良い日です。もちろん何かをスタートする際、雑学にこじつけて日を選ぶ…
  3. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP