pixta_4846296_M

真田丸に見る、真田昌幸と真田信幸のぎこちなさの5つの理由

1月24日放送のNHK大河ドラマ、「真田丸」の第三話は視聴率18.3%を記録。前回からはわずかに下がってしまったものの、それでもまだまだ高水準を記録しています。
練に練られた作品であり、見ているだけで雑学もいろいろと貯まるかと思いますが、視聴者の中には真田昌幸と真田信幸。主人公である信繁にとって父と兄ですが、この二人があまり仲良しではないと感じている人もいるかもしれません。確かに、織田信長と会う。そのような重大な機会に次男を連れていくのです。
ですがこれ、単純に「仲が悪い」ではなく、そこはやはり戦国時代の習わしがあるのです。それをいくつかお話しましょう。

・長男だから

劇中でも語られているように、真田信幸は「真田家」の長男です。真田昌幸自身は3男で、実は真田家から違う家に養子に出ていたものの、長篠の戦いの際、兄たちが戦死したため、三男である自分が真田家を継ぐ形になりました。
三男でありつつ家を継ぐ。つまりは家を継げない人間の立場も、継ぐべき立場の人間の事も分かっているのが真田昌幸です。戦国時代というよりも、武士として生まれたからには長男がどれだけ大切な存在なのか、よく分かっていたのでしょう。
つまり、ぎこちないのは期待しているからであり、何より劇中でも話されていたように、昌幸に何かあったら家を継ぐのは長男なのです。
昌幸と長男で出向き、仮に生きて帰る事が出来なければ真田家の跡継ぎ問題で揉めるのは目に見えています。長男が継ぐ。これがもっとも波風立たせないものなのです。

・後の伏線も含まれている

もちろん後々の伏線も含まれています。歴史マニアであれば誰もがご存知かと思いますが、関ヶ原の戦いの際、真田家は東軍に信幸、西軍に昌幸と信繁が付く事になります。
どちらが勝利しても家を残す事になるとの説もありますし、そもそも信幸は、後に本多忠勝の娘で、徳川家康の養女になる女性を娶ります。いわば徳川のちょっとした親戚になりますので、徳川側に付くのはなんらおかしな話ではありません。
これらまで含めでの演出である事は間違いないでしょう。

・武士の世の中として

真田昌幸は「表裏比興」と称されていました。これは、「卑怯」にかけている言葉で、弱小であった真田が織田、徳川、上杉、北条、更には豊臣。このような大大名たちと渡り合うために、とにかくいろいろな知恵を駆使しました。
第三話の放送でも、わざと書面を奪わせるという策略を駆使しましたが、それらはすべて「真田家存続」のためです。もちろん自分自身のためでもあったでしょうが、武士にとって何より優先するのは家を存続させる事です。
そのために、武功をと頑張るものなのです。功を得ればそれだけ家を残せるだけの物を手に入れられるのです。
昌幸はそのような武士の世の中を長男である昌幸に背中で教えているのです。

・信幸の今後のために

信幸は先にもお話に出たように、徳川から嫁をもらう事になります。父親への反発ではなく、それもまた、先に話た「家を残すため」の事です。ドラマでは真田家の当主は真田昌幸ですが、長男である信幸もいずれは真田家の当主となります。
辛い時代を生きていく事になるのです。甘やかすよりも厳しく育てた方が、本人、ひいては真田家のためになるのです。

・演出上の事もある

実際には信幸は昌幸の事を物凄く尊敬していたと言われているのですが、そこはやはりドラマです。ある程度いろいろな含みをもたしておかなければならないのも事実です。
特に信幸は家を継ぎつつ、徳川家の大名になります。この描写を今からいろいろな面で際立たせるとの狙いもあるのでしょう。実際には、配流された昌幸と信繁に仕送りを続けた家族思いの人間なのですから。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_12975080_M
    12月4日、岐阜県は関ヶ原古戦場周辺を「日本遺産」に認定してもらうべく、来月にも文化庁に申請する方針…
  2. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…
  3. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP