生命保険の見直しと年金

生命保険は実は実は家やマンションの次に高い、人生で2番目に高価な買い物だと言われています。
しかも、日本人は本当に保険大好きの民族で、マイホームを持たない人でも生命保険には入っているという人が圧倒的多数でしょう。
でも、本音はその生命保険の支払いを少しでも安く抑えて家計節約に反映したいと言ったところだろうと想われます。
そこで、この機会に、今加入している保険の契約内容を見直し、より効果的な条件の一品にしてみるというのはいかがですか?

とは言え、いざという時のお金は少しでも沢山もらえた方がいい!!
これは誰もが考える事です。
けれど、そのいざという時がどんな時で、本当に必要なお金はどの位なのかという事を考えた事のない人が思いの外多いんですよね。

という事で、まず、そのいざという時を考えてみると、一家の大黒柱であるパパが病気で倒れた時や怪我をして働けなくなった時、そして不幸にも亡くなってしまった時というのが思い浮かびます。
恐らく、大抵の方は、そういう時をいざという時と想像して生命保険に加入しておられる事でしょう。

しかし、そのいざという時には、生命保険と平行して、年金というのが助けてくれます。
現在国民年金や厚生年金に加入している方なら、夫が亡くなっても、妻は遺族年金というのがもらえますし、万が一病気や怪我で就労が困難なほどの障害を負えば、自身が障害者年金というのを受け取れます。
そう、実は実は年金は、年を取ってからしかもらえないというものではないのです。
しかも、生命保険のように、支払金額の上限はありません。
遺族年金なら配偶者が、障害者年金なら本人が生きている間ずっと受け取れます。
また、難病も含め、身体障害者の認定が下りれば、その時点で医療費も免除されますから、何も無理に生命保険から通院費や入院費を沢山支給してもらわずとも何とかなるのです。

ただし、一定期間きちんと国民年金や厚生年金の支払いをしていないと、いずれの場合もNGですからね。
実際問題、多額の生命保険を払うより、まずは年金と健康保険をきちんと支払う、これの方がずっと大切でしょう。
それを踏まえ、今の自分たちの家計を苦しめない程度の生命保険を考えてみられる事をお勧めしたいですね。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. imasia_13183555_M
    元旦は、何かの目標を決めるのに良い日です。もちろん何かをスタートする際、雑学にこじつけて日を選ぶ…
  2. pixta_14260303_M
    お宅のトイレはどこにありますか。我が家は玄関の傍にあります。今まで住んだ家やアパート、友人宅などを考…
  3. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP