消防士になるために

人命を助ける仕事に憧れることがあります。中でも消防士は勇ましく、男の子ならば1度は考えたことがあるかもしれません。もちろん自らの命を失う可能性もあるので、危険極まりない仕事ですが、やりがいはあるでしょう。またレスキュー隊などを見ると余計に凄味を感じてしまいます。では消防士になるにはどうしたらよいのでしょうか?基本的に消防士は公務員なので、その取得方法としては消防職員の採用試験を受けることになります。一般の公務員と同様に1類から3類まで区分されており、他に化学関連などの専門職もあります。採用試験は市区町村別に通常年1回行われます。倍率は地域によっても異なりますが10倍以上の狭き門なので、資格?地位の取得方法としては難しい部類に入るでしょう。消防士の取得方法として一般の公務員と異なる点は、やはり体力と気力の問題です。絶対に助ける!という強い意志がなければ火災や災害時に体が動かなくなるので、採用後も厳しい訓練があり、途中で挫折する人も少なくありません。つまりその地位の取得方法は並大抵のものではないのです。ちなみに学科試験をパスするために、多くの専門学校などで専用コースが開講されています。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_14260303_M
    お宅のトイレはどこにありますか。我が家は玄関の傍にあります。今まで住んだ家やアパート、友人宅などを考…
  2. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP