流行りのCMの最先端を走る犬

昔から、どんな一流の俳優も、子供と動物には勝てないと言われていて、それはドラマや映画だけでなく、テレビCMの世界にも往々にして当てはまるようです。
つまり、たまたま採用した子役や動物の人気が出て、ヒット作品となったCMが実に多いという事なのです。

その代表格とも言えるのが、ソフトバンクモバイルのCMで犬のお父さんとして一躍有名になった北海道犬のカイ君!
恐らく、ドコモやAUの携帯を使っている人でも、白い犬:カイ君が登場するソフトバンクのCMは好きだという人は多いものと予測されますね。

けれど、元々あの白戸家が登場するCMは、ソフトバンクモバイルがホワイトプラントいうプランを売り出した時のみの3ヶ月間限定企画で、そのプラン名に合わせて白い犬が採用されたり、家族の名前が付けられた位でした。
ところがところが、その現実離れしたキャラクター設定のユニークさが話題を集め、その後も継続!
2007年の放送開始以来、実に7年間も続いている定番CMとなったのです。
それどころか、次々と作られる白戸家のテレビCMは、今や一つのストーリーを究め、常に流行を築いています。
恐らく、ここまで急激にソフトバンクモバイルが人気と支持を集める事が出来たのは、この作品があったからこそだと言っても過言ではないでしょう。

でも、あのお父さん犬のカイ君、もう10歳という犬としては高齢ですからね。
今年から息子のカイト君に変わっているんですが、皆さんは気付いていらっしゃったでしょうか?
このように、役者が変わっても、そのイメージは全く変える事なく、流行の最先端を走り続ける事が出来るのは、正しく犬の利点と言えそうですね。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…
  2. pixta_12975080_M
    12月4日、岐阜県は関ヶ原古戦場周辺を「日本遺産」に認定してもらうべく、来月にも文化庁に申請する方針…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP