流行りの健康食品のない時代

いつの時代も、必ずと言っていいほど流行るのが健康食品!
特にヘルシーブームが定着して長い昨今、流行りの健康食品のない時期などないと言っても過言ではないでしょう。

深夜のテレビを付ければ、どこもかしこもサプリメントの通販だらけ!
やれ、痩せられるだの、元気になれるだの、綺麗になれるだのと言っては視聴者の心を誘惑してくれますが、実際問題、それらが本当に効くかどうかという疑いも同時に抱かせてくれます。
しかし、下手な鉄砲なんとかじゃありませんが、間違いなく何らかの効果効能を持つものであれば、間違いなくそれを実感している人はいる訳で、そういう人たちの口コミにより、流行りの座にのし上がって行く野が売れ筋ランキングに入るような代物!
ただし、利用者が増えれば、それだけその良い確率も上がる代わり、悪い確率も上がります。
すると、結果的には、良い評価も増える代わりに、悪い評価も増え、やがてその数が逆転した時、衰退の道を辿って行き、また新たな健康食品が、同じような運命を辿るべく、全盛期を目指して上って来るのです。

という事で、次から次へと出ては消える健康食品ですが、よくよく見てみると、だいたいいつの時代も、支持を集めるものは決まっています。
まずは何と言っても青汁!
不味いだの、臭いがきついだのと言われながらも、体にいいというイメージは否めず、メーカーは変われぞ、常にどこかしらの商品が売れ筋ランキングの上位に入っているという形で、にんにく卵黄やプロテイン、あるいは、グルコサミンとコンドロイチンのコンビなども、その類いだろうと見られます。
また、近頃だと酵素、これがキーポイントの一つになっているようで、酵素ドリンクを筆頭に、いろいろな形状の酵素サプリメントが人気を集めていますね。

ではでは、そんな健康食品は、いつ頃から普及し始めたのでしょうか?
調べてみると、その歴史は思いの他古く、1960年代にすでに、第一次ブームと言える時代を迎えていた事が分かります。
日本では、東京オリンピックや今の天皇・皇后様のご成婚、そして、新幹線や高速道路の開通から大阪万博へと、高度成長のまっただ中だった頃の話です
それまでずっと引きずっていた戦後の貧しさもすっかり一段落し、人々は、徐々に食べたい時に、食べたいものが何でも食べられるようになった頃ですね。
そうなると、それまでのとにかく空腹を満たせればいいという考え方から、少しでも体にいいものをという考え方に変動し、初めて健康を意識した特別な食品を受け入れる傾向が高まったものと予測されます。

とは言え、当時流行ったのは、グラノーラやクロレラなど、今にして思えば、元々体にいいと言われる穀物や海藻を食べやすい形状にしたレベルのもので、様々な成分を調合したサプリメントというのが登場したのは、それからさらに一昔、即ち、10年ばかりも後という事になるでしょう。
そう、マクガバンレポートがアメリカで注目され、それが日本に上陸した1980年代、それこそが第二次健康食品ブームと言える時代で、こちらは第一次とは雲泥の差の盛り上がりでした。
ちょうど世は、オイルショックから立ち直り、バブル期に入っていましたから、その飲みやすいとか、持ち歩きが容易であると言った形状も手伝って、老いも若きもサプリメント大好きと、必死にあれこれ物色していたものです。

それから見ると、今は再び勢いはやや衰えてはいるものの、もはやブームというのではなく、健康食品は当たり前にあるものという事で、先述の通り、常にどこかしらの商品が売れ筋になっているという訳です。
確かに、それは全くもってその通りで、健康食品は、いつの時代にも、必ず身近にあります。
何しろ、日本には健康食品という分類はなく、口に入るものは全て、食品か薬かのどちらかです。
即ち、その中から健康維持や健康増進に繋がるものを勝手に健康食品として区別しているだけで、それは必ずしも特別な会社で作られる特別なものでなくても構いません。
むしろ、今、冷蔵庫に入っているトマトやキュウリだって立派な健康食品であって、牛乳やヨーグルトなどもそうです。

そうなると、沢山の食品をバランス良く適量食べる事こそが、真の健康維持や健康増進に繋がる訳で、逆に言えば、どんなに高価なサプリメントであっても、それが出来なければ、効果効能は半減してしまうでしょう。
もし、流行りの健康食品を取り入れるのであれば、まずはその事をしっかり認識する事が大切なのではないかと思いますね。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_14260303_M
    お宅のトイレはどこにありますか。我が家は玄関の傍にあります。今まで住んだ家やアパート、友人宅などを考…
  2. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…
  3. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP