流行りのメイクで勝負

ウサギでも、ネコでもどっちでもいいんじゃないかと思われるかも知れませんが、ウサギ顔になるか、はたまたネコ顔になるかは女性にとっては大問題!
いずれも今流行りといえるメイク術の一つで、この選択によって、モテ度が大きく違って来るそうですよ。

因みに、ネコ顔メイクというのは、アイラインで目尻を跳ね上げるように見せるもので、猫目メイクなどとも言われます。
女優の柴咲コウさんに代表されるように、どこか小悪魔的な雰囲気を醸しだし、男心を擽る視線を放ちますからね、大人の女性には大人気のメイク術です。
しかし、その反面、クールに見えすぎて、ちょっと気弱な草食系男子や同性にはウケが悪くなってしまう事もあるので要注意!
その点、思わずじぇじぇじぇと飛び跳ねてしまいそうなどこか幼さの残るウサギメイクは、能年玲奈さんに代表されるように、比較的万人受けするメイクと言っても過言ではないでしょう。

ウサギメイクはネコメイクとは正反対に、目尻を跳ね上げるのではなく、技と垂れ目に見せるのがコツで、淡いピンクのチークを決め手とする見るからに可愛らしいメイクです。
ただし、ネコメイクとは違い、年相応の垂れ目や頬の赤らみを極めるのが重要なポイントで、これを誤ると、ネコ以上に怖いウサギに仕上がってしまいますからね、十二分に気を付ける必要性は否めないでしょう。

という事で、真冬に男心を引きつけるのは、鋭いネコの目か、まん丸な雪兎の目か?
みなさんはどちらで勝負されますか?

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_12975080_M
    12月4日、岐阜県は関ヶ原古戦場周辺を「日本遺産」に認定してもらうべく、来月にも文化庁に申請する方針…
  2. pixta_14260303_M
    お宅のトイレはどこにありますか。我が家は玄関の傍にあります。今まで住んだ家やアパート、友人宅などを考…
  3. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP