imasia_7626604_M

洗濯機の正しい節約術

洗濯機はなるべく洗濯物を沢山溜めて回す方が節約になると思っていらっしゃる方が大変多いとお聞きしました。
確かにそれはその通りで、洗濯物を半分の量で回す時と、満タンにして回す時とでは、電力も水も2倍差が出る訳ではなく、水の量も電気代も約2割前後増えるだけです。

が、しかし、これにはいくつかの落とし穴があって、まず何より大事なのは汚れ落ちでしょう。
実は洗濯機は水槽の中で洗濯物がこまめに移動し、田の洗濯物と巧みに摩擦し合う事で汚れを落としているのですが、満タンに詰め込んでしまうと、当然のごとく、その移動や摩擦が殆ど出来ない状態に陥ってしまいます。
そのため、しっかりと汚れが落ちないまま、"はい、洗い上がりで?す!"っとなってしまう訳ですよ。
そして、しぶしぶもう一度洗い直すという事になれば、節約なんて全くもって出来ていない事になりますよね。
ですから、これではいけません。
とにかく綺麗に洗い上げるためには、8分目までで回す事が絶対条件だと言っても過言ではないのです。

また、洗濯物の容量が多ければ、それだけ水槽は重たくなり、その重たい水槽を動かすための動力が必要になりますから、自動的にその分電気代は嵩みます。
それを標準コースで日々実行し続ければ、これまたどこが節約なんだという事にもなりかねないでしょう。

それに対し、半分の量の洗濯物をスピードコースで回す事により、電力も水量も30パーセント程度は節約出来る事になります。
そう、満タンにして標準コースで回すより、ずっと効率がいいんですねぇ!!

とは言え、やはり汚れのきつい物があれば、スピードコースで洗うのは綺麗にならないという不安や不満も出て来ます。
そこでお勧めしたいのが、浸け置き洗いです。
汚れのきつい洗濯物については、バケツなどでしばらく浸け置きし、それからスピードコースで他のものと一緒に洗うか、同じようなレベルの物だけを集めて、少量で標準コースを使用するかのいずれかを実践する事で、節約選択術が確立出来るのであります。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. imasia_13183555_M
    元旦は、何かの目標を決めるのに良い日です。もちろん何かをスタートする際、雑学にこじつけて日を選ぶ…
  2. pixta_18316047_M
    AKB48と言えば握手会です。2月11日にも横浜で握手会が行われました。ちなみにシングルCDでは握手…
  3. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP