洗濯の仕方

第二次世界大戦以降、私たちの生活はどんどん便利になりました。かつて洗濯板を使っていた時代があったことを現在は想像もつきませんし、二度とそんなことはしたくない!と思うものです。逆に洗濯技術の発達が、近年のような極度の清潔志向を作り出したのかもしれません。とはいえ洗濯が上達したいと考えるのは誰しもであり、洗濯が上達すると普段着であってもさっぱりとして見えるようになり、好感度も上がるものです。なお洗濯自体は洗濯機が行ってくれますが、洗濯石鹸の量には注意しましょう。たくさん入れたからといって綺麗になるものではなく、逆に濯ぎが不充分だと石鹸かすが汚れや臭いの原因にもなるので、適量を使うことが洗濯上達のポイントです。一方大切なのは干すことです。無用なしわができるとみすぼらしい雰囲気が出がちであり、アイロンの手間も大変です。昨今はワイシャツなどで形状記憶繊維が使われているので、洗濯嫌いや不精な人はこのような製品を利用するだけでも洗濯が上達したと実感できるものです。また何事も一手間!が上達の近道でもあるので、干す際にちょっと衣服の両端を引っ張って伸ばすだけでも乾いた時の仕上がりが違うものです。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…
  2. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…
  3. unspecified (1)
    1月4日、とあるテレビ番組にて「明智光秀はその後南光坊天海(以下、天海)になった」と、する都市伝説が…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP