椅子の処分方法

壊れてしまった椅子は、どのように処分するのが良いのでしょうか。
これは、パイプ椅子や丸椅子など、スチールが含まれているもの、木の椅子などの椅子の材料によって、処分の仕方が異なります。
使わない椅子の場合には、リサイクルショップに売ったりする方法もありますが、すでに壊れてしまっている椅子や、修理費用が高い椅子の場合には、処分してしまったほうが良いでしょう。
椅子の処分方法は、自治体によって異なる為、まずはお住まいの自治体に問い合わせてみる必要がありますが、スチール部分が有る椅子の場合には、出来るだけパーツを分解して、燃えるゴミ、燃えないゴミ、リサイクルに分けた方が良いそうです。
もちろん、椅子の大きさによって、一般のゴミとして出せない場合もあります。
地方の自治体によっては、各パーツを最長でも30センチ以下に分けないと、廃棄物として受け取ってくれない場合もあるそうなので、しっかりと確認する必要があるでしょう。
ちなみに、椅子を粗大ゴミとして出す場合には、椅子の大きさによって1000円?2000円ほどの料金がかかると言われています。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. imasia_13183555_M
    元旦は、何かの目標を決めるのに良い日です。もちろん何かをスタートする際、雑学にこじつけて日を選ぶ…
  2. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…
  3. pixta_18790842_M
    11月14日、財形新聞の発表によると最も引っ越し回数が多いのは熊本県出身者との事ですが、引っ越しはと…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP