本の処分方法

自宅だけでも、かなりの本を抱えている本好きは多いのですが、場所がなくなったり、読まなくなった本は、処分が必要になります。
本の処分方法は人によって様々で、新しく人気のある本なら知人に譲るという方も居ますし、本の量が多すぎるので古本屋に売る、また図書館に寄付するという方も居ます。
まず、処分する本の量が少ない場合には、いくつかを友人などに譲って、残った分を古本屋などで売るという方法があります。
ただ、この場合には、本をもらいたいと言ってくれる友人を見つけるのにも手間がかかりますし、古本屋では少し汚れている本は販売せず、処分する事が多いので、思い入れが強い場合にはあまりオススメ出来ません。
もちろん、処分予定の本が数百冊、数千冊ある場合には、古本屋でまとめて買い取ってもらうという方法もありますが、本の種類によっては、そこまでお金にもなりません。
そして、本の処分方法には、図書館に本を寄付するという方法もあり、「本を捨てたり、お店で処分してもらうのはちょっと…」という方や「思い入れがある本達だから、自分の家にはおけなくても、また読みたい!」という方にオススメです。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…
  2. pixta_18790842_M
    11月14日、財形新聞の発表によると最も引っ越し回数が多いのは熊本県出身者との事ですが、引っ越しはと…
  3. imasia_13183555_M
    元旦は、何かの目標を決めるのに良い日です。もちろん何かをスタートする際、雑学にこじつけて日を選ぶ…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP