本の修理方法とは

日本人ならば誰しも、マンガを含めて1冊以上宝物にしたい本があるでしょう。しかし何度も読み返すと破けたり折り目がつき傷んでくることもしばしばです。さらに古本を見ればわかるように、時間の経過に伴い紙が劣化してくるのも避けられません。加えて辞書など長年使っていくとページの角が擦り切れて丸まったり黒ずんだりするものです。そんな時は、絶版になっていなければ新しい本を買えば良いのですが、使い込んだ本ほど愛着があるので捨てられないものです。本好きの人の中には2冊同じ本を購入し、1冊は保存用?としているケースもあるようです。とはいえ大切な本を修繕して持ち続けたいと願うのは本能であり、需要があればニーズは必ず現れ、諦めなければ多くの本の修理方法があるようです。基本的な本の修理方法は、折り目を伸ばす、破れた箇所にテープを貼ることでしょう。なお背表紙が剥がれてしまった場合の修理方法は専用の接着剤を塗ることです。ちなみに専門の修理業者に依頼すると、費用と時間はかかりますが、新品同様に戻してくれる修理方法・技術があるようです。一見これがあの本?と見間違うような修理方法なので、まずは相談してみることをお奨めします。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_13289720_M
    全国各地で秋真っ盛りとなっておりますし、21日から23日にかけては3連休という事もあって各地で賑わい…
  2. pixta_14260303_M
    お宅のトイレはどこにありますか。我が家は玄関の傍にあります。今まで住んだ家やアパート、友人宅などを考…
  3. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP