時間と距離で決まる

運賃は時間と距離

実は人件費(作業料金)もそうなのだけれど、作業や運搬にどのくらいの時間がかかるのか、どれだけの距離を移動するのかによって、基礎運賃(運搬費)は決まることになっています。
一般的な引越しで、4時間または8時間を過ぎれば、1時間ごとに追加料金をつけることができます。

軽貨物運送業者ならば、2時間または8時間です。

さらに、距離でも決まります。

基礎距離は、100km。

だから各社100km圏内は安いのです。

軽貨物運送業者ならば30kmを超えれば超過料金がかかります。

同様に、人件費(作業料金)も加算されますが、これらはすべて「約款」に基づき決定されることになっているので、約款をよく確認してみると良いでしょう。

おかしいなと思ったら、料金表や国土交通省が出している「標準引越運送約款」と照らしあわせて見ること。

総務省の監査でも、約款とは異なる料金表に基づいて引越料金の算定を行なっていた業者が相当数出ていますから、不満があれば必ず調べてみることです。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…
  2. pixta_18790842_M
    11月14日、財形新聞の発表によると最も引っ越し回数が多いのは熊本県出身者との事ですが、引っ越しはと…
  3. pixta_14260303_M
    お宅のトイレはどこにありますか。我が家は玄関の傍にあります。今まで住んだ家やアパート、友人宅などを考…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP