pixta_13752587_M

新聞離れで生活の知恵が使えない!

おじいちゃんやおばあちゃんが使う生活の知恵というのは、当然ですが、昔からあるものを使うのが基本! なのですが、困った事に、近頃は、そんな昔からあるもので、且つ、昔はどこのお宅にでもほぼ間違いなくあったであろうものがないために、その生活の知恵が使えないという事もしばしばのようです。
◆日本人の新聞離れ
例えば古新聞! 一昔前までの日本では、夕刊はさておき、少なくとも朝刊だけは、どこのお宅にでも毎朝配達されて来るものだったと言っても過言ではありませんでした。ところが、今や若い単身世帯はもとより、既婚世帯でも、特定の新聞を購読していないご家庭が少なくないというから困ったものです。このままで行くと、次の東京オリンピックの頃には、毎日新聞を読む習慣のある人が1.0人を切る可能性も低くないとか・・・!?
◆新聞を読まない日本人
日本人の新聞離れが悪化している理由としては、テレビとデジタルメディアの普及が大きいというのは、今更語る事ではないでしょう。ただし、誤解してはならないのは、若い世代が、パソコンやスマホで新聞を読むようになり、紙面を購読しなくなったというのは大間違いであるという事です。それ以前に、10代・20代で新聞に目を通そうとする人自体が大幅に減少しているのですから、何度も言うようですが、本当に困ったものです。

■何故、新聞を購読しないと困るのか?
ではでは、何故、一般家庭で新聞を購読しなくなると困るのか? 別段、知識や教養に欠けるのは本人の問題であって、赤の他人には関係ありません。また、新聞社や新聞店で働く人間でもなければ、それほど深刻に捕らえる事でもなさそうです。ただ、新聞を購読しないという事は、自宅に古新聞がないという事になり、実は、これが思いのほか困る事だったりなんかもするのであります。
◆古新聞は生活の知恵のエキスパート
古新聞というのは、溜めてティッシュペーパーやトイレットペーパー、あるいはゴミ袋などに交換してもらうばかりではなく、驚くほど沢山のシーンで使える正しく生活の知恵のエキスパート! 読んで終わりなんていうのは、とてつもなくもったいない話なのです。上手に使えば、ゴミ箱送りにするまで、たった一枚の新聞紙を二度三度再利用、再々利用する事が出来るという事をご存じでしょうか?

■古新聞を使った生活の知恵第1段、消臭効果を利用せよ
ならば、古新聞を使った生活の知恵には、どのようなものがあるのでしょうか? ここで、代表的なものをいくつかご紹介しましょう。
◆紙おむつのパッキング
昔は、わざわざちり紙交換に出さなくてもトイレットペーパーになったという古新聞紙ですが、流石に今は、これでお尻を拭こうという人はいないでしょう。仮にトイレで使ったとしても、そのまま流せば、水洗トイレがたちまち詰まり、大洪水が発生しそうですから、万が一トイレットペーパーが切れていたとしても、代用しない方が無難だろうと思われます。ただ、新聞紙には高い消臭効果がありますから、汚物で汚れたおむつなどを捨てる際、古新聞を一巻きするとしないとでは、ゴミ箱の中での悪臭が大きく違って来るのです。これは、赤ちゃんのおられるご家庭は勿論、高齢者の介護をされているお宅でも役立つ生活の知恵の一つだと言えそうですね。
◆部屋の悪臭も社内の悪臭も一拭い
さらに、この新聞紙の消臭効果は、家中どこででも使えます。たまたま読みっぱなしの新聞を床やテーブルの上に放置しておいたところ、周囲の悪臭が消えていたとか、軽減していたという経験のある方も多い事でしょう。そうなんです! たまたまではなく、わざとタバコ臭い場所やペットの匂いがする場所等に広げ、一晩おいておくだけで、嫌な臭いが取れたり、随分緩和されたりするのですから、こんなに楽で重宝な事はありません。魚釣りやスポーツに出かけた後の車などでも、帰宅後、一晩新聞紙を社内のシートやトランクに敷いておくと、翌朝乗る際に、快適空間になっている事でしょう。

■古新聞を使った生活の知恵第2段、油性効果を利用せよ
古新聞の使い道として、よく上げられるのが掃除で、特にぞうきん代わりに使うというのは、正真正銘昔ながらの生活の知恵と言えそうです。というのも、布ぞうきんに比べ、繊維の細かい新聞紙は、元々優しく、されど、しっかりと汚れを拭き取る性質を持っています。加えて、インクの油分が、洗剤代わりにもなるのです。
◆新聞紙で窓ふき
という事で、まずはオーソドックスな窓ふきから! 取り敢えず、古新聞を一枚手に取り、適当に丸めます。そして、軽くぬるま湯で濡らして、後は隅々まで綺麗に服だけでOK! その時はそれほどはっきり分からないかも知れませんが、続いて、今度は新しい新聞紙をもう一枚取り出し、乾拭きすれば、汚れが見事に落ちている事が判明する事でしょう。しかも、この方法だと、ぞうきんと洗剤を使った時のような拭き残しや拭き斑が殆ど出来ないのですから、安全面を考えても、今年の大掃除の窓ふきは、子供たちの任務として与えても良さそうですね。
◆古新聞で鏡磨き
ガラスが綺麗になるという事は、鏡も綺麗になるという事! これは当然の成り行きというもので、理屈をあれこれ考える必要などないでしょう。同じく丸めてぬるま湯で濡らした新聞紙で鏡も拭く事が出来ます。ただし、鏡の場合は、乾いた新聞紙で拭くと、細かい傷を付けてしまう可能性もありますので、仕上げの乾拭きは柔らかいタオルを使われる事をお勧めします。

■生活の知恵の塊完成!
最後に、あれこれ使い終わった新聞紙をまとめてベランダや玄関先のコンクリートの上にポイ! 適当に撒き散らし、箒でかき集めてみて下さい。なんと、地面の誇りが濡れた新聞紙にくっつき、一緒にかき集められて行くではありませんか!! そう、こうしてゴミ箱送りにすれば、新聞も本望というもので、正に生活の知恵の塊完成という訳です。
◆生活の知恵が使えない
とは言え、新聞を購読していなければ、古新聞は貯まりません。結果、このような生活の知恵が使えないという事になってしまうのです。何だか切ない話だと思われませんか?

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_16513349_M
    具体的かつ客観的なものは何か?統計などの数字かもしれません。しかし妻の収入が25万円増えたら…
  2. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…
  3. imasia_13183555_M
    元旦は、何かの目標を決めるのに良い日です。もちろん何かをスタートする際、雑学にこじつけて日を選ぶ…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP