数珠の使い方

お通夜やお葬式などに行く際に忘れてならないのは数珠です。慌てて準備すると忘れがちなので、喪服のポケットなどに入れておくと便利です。数珠は基本的に108個の玉でできています。元来数珠は、読んだお経の数を数えるために使われたものであり、108個という数に意味があります。最近は簡易的な54、36、27など108の約数個の玉からなる数珠もありますが、108玉が数珠の基本的な形です。数珠の基本的な使い方は二重に巻いて使います。座っている時は左手首にかけておき、歩く時は左手で結び目が下になるようにして持つのが基本的な使い方です。ご焼香をする場合は、二重に巻いた数珠を結び目が下になるようにして左手の人差し指以下の4本の指に掛け、親指で軽く抑えるのが基本的な使い方です。一方、数珠は常に携帯し、畳や椅子の上に置いてはいけません。なお数珠は魔除けとしての効果があるため、法事以外でも常に携帯しておくという使い方もあります。数珠は基本的に仏教のアイテムですので、キリスト教式や神式のお葬式などには持参しないようにしましょう。また仏教式の葬儀であっても宗派や地域によって使い方が異なる場合がありますので、他の参列者の使い方を参考にしましょう。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…
  2. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…
  3. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP