忘れ物に要注意!

遺失物法が改正されて、もう6年になりますね。
落し物や忘れ物は、昔よりもずっとデリケートになっていて、十分な注意が必要です。

■3ヶ月しか保管してもらえない

平成19年施行の改正遺失物法では、警察での保管期間がそれまでの6ヶ月から3ヶ月に変更されました。
その代わり、情報はネットで公表されるようになっています。

加えて、傘や衣類など、大量生産品だったり、安価なものだったりする場合には、なんと2週間しか保管されず、見つからない場合には売却/処分されてしまいます。

■個人情報満載の忘れ物は?

以前はいちばん怖い忘れ物といえば財布でしたが、今いちばん怖い忘れ物は携帯・スマホかもしれません。

私は確実に、スマホがいちばん怖いですね。
それ自体ももちろん高価だから転売されるかもしれないし、それ以上に、個人情報も満載、電子マネーもあり、ネットバンキングやネット通販はIDは入力済みの状態で出てきちゃう。

これをどこかに忘れてきちゃうなんて、考えただけで恐ろしいです。

なくして怖いものは、忘れ物しないように注意するだけでなく、もしもなくしてしまった場合に対処できるよう、事前に手を打っておきましょう。
遠隔ロックなど、絶対必須ですよ。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. imasia_13183555_M
    元旦は、何かの目標を決めるのに良い日です。もちろん何かをスタートする際、雑学にこじつけて日を選ぶ…
  2. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…
  3. pixta_12975080_M
    12月4日、岐阜県は関ヶ原古戦場周辺を「日本遺産」に認定してもらうべく、来月にも文化庁に申請する方針…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP