御中の使い方

手紙の宛名の敬称として御中(おんちゅう)を使うケースがあります。御中は基本的に団体や部署に対する敬称です。個人宛の手紙の場合は様、殿、先生などが使われますが、団体宛の手紙の場合は○○会社御中、総務部御中などのような使い方をします。よくあるケースとして、団体から送られてきた手紙に同封された返信用封筒・葉書の宛名に対する使い方です。通常返信用封筒・葉書の宛名には敬称をつけず「○○行」と書かれているのが一般的です。つまり返信先は元々の差出人ですから、自分で自分に敬称をつけないのがへりくだった意味を表すためです。しかし返信用封筒・葉書を受取人が使う場合は、相手に対して敬称をつけるために「行」を消してその横に「御中」(個人なら「様」)を書くのが正しい使い方になります。また「○○様御中」のような使い方がみられますが、これはおかしな表現です。ちなみに手紙の宛名として明確な個人名が分からない場合や、その部署や会社の担当者であれば誰でもよい場合に御中を使いますが、逆に個人名が特定できる場合は必ずその人の名前を書くようにします。御中はあくまでも事務的な使い方であり、手紙の宛名は極力個人名を記載することが基本です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18316047_M
    AKB48と言えば握手会です。2月11日にも横浜で握手会が行われました。ちなみにシングルCDでは握手…
  2. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…
  3. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP