pixta_18790842_M

引っ越しの際、内覧で絶対に見ておくべき3点

11月14日、財形新聞の発表によると最も引っ越し回数が多いのは熊本県出身者との事ですが、引っ越しはとても大変です。
新居を決めなければならないのですが、インターネットが普及しているとは言っても一度は足を運んで内覧をしなけれなりません。
その際、ただ見るだけではなくて重点的に見ておくべき部分があります。

■陽当たりです
まずは定番かもしれませんが、陽当たりはとても大切です。
南側を向いているものの、近隣のマンションや建物のおかげで陽射しがあまり入ってこないとなると洗濯物が乾かせないだけではなく、室内の温度そのものが低下します。
そのため、どうしても暖を取る際にお金がかかります。
布団を干そうにも干しても日が当たらないのですから布団乾燥機を使わなければならなかったり、早い段階から電気を点けなければならなかったり。
結局太陽に変わる物はなく、お金をかけて何とか代用しなければなりません。
それなら多少家賃は高くとも、陽当たりの良い物件を選んだ方が得になりますよ。

■「想定して」見る事
ただ見るだけではなく、「そこで自分が生活を送る」と過程して部屋を見るべきです。
「綺麗だな」「追い炊きがあるのか」だけではなく、どこを自分の部屋にするのか、何を置くのか。ご飯はどこで食べるのか。
細かい話かもしれませんが、これらを想定して引っ越し先を選んだ方が実際に住み始めた時に後悔がありません。
何も考えずに「これはいい物件かも」と思って決めてしまうと、結局後々不便だなと感じる事になってしまうかもしれないのですから。

■駐輪場と駐車場
駐輪場、そして駐車場もよく見ておきましょう。
これは自分が駐停車するためではなく、駐輪場や駐車場を見ると住人の姿が見えてきます。
それは言い換えれば、治安にも直結します。
自転車置き場を見たら、使っていないであろう壊れた自転車やタイヤやサドルがないような物が放置されている。
このような自転車置き場ですと、あまり治安が良くないだけではなく、自分がそこに自転車を駐輪していたら悪戯されてしまう事もあります。
また、駐車場に停まっている自動車を見れば、否が応にもどのような住人が住んでいるのかが分かります。
高級外車ばかりが停車されていれば、当然お金持ちが多い事になりますので、トラブルもそうそうないでしょうしね。

ちょっとした事ではありますが、自分が住む事になるのですから、よくよく考慮しましょう。
それこそ何度足を運んでみても良いのですから。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…
  2. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…
  3. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP