少年犯罪について

少年犯罪とは、20歳未満の男女が犯す犯罪のことで、少年犯罪の場合は、その年齢に応じて審判手続が取られることになります。

少年による犯罪の増加を鑑み、未成年であっても成人と同様の量刑をと求められ、法改正が行われたことはまだ記憶に新しい人もいることでしょう。

未だに少年の厳罰化を求める声がある一方で、少年の保護・教育を求める声も多くあります。

◆「犯罪少年」
「少年」は、20歳未満すべての未成年を指しますが、「犯罪少年」と言った場合には、14歳以上20歳未満の、罪を犯した少年だけを指します。

14歳未満であれば「触法少年」と呼ばれ区別されています。

この違いは、手続の違いで、14歳未満の少年は罰することができないため、児童相談所へ通告しますが、14歳以上であれば、その内容により検察庁か家庭裁判所へ送ることになります。

◆被害者に教えられること
少年による犯罪の場合、被害者であっても教えられることには限りがあります。

規定では教えられることでも、適当でないと認められる場合には教えてもらえないこともたくさんあります。

ほとんどの場合、手続の過程や、少年の保護者の氏名・住所は教えてもらえます。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…
  2. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…
  3. pixta_18316047_M
    AKB48と言えば握手会です。2月11日にも横浜で握手会が行われました。ちなみにシングルCDでは握手…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP