学費の支払いは?

学費の支払いは決して小さい負担ではないでしょう。
公立の学校であれば学費はそこまで大きな負担ではないでしょうが、私立ともなるとその負担は軽いものではないでしょう。
私立よりも公立の人気が高いのはその点もあるでしょうね。
親にあまり負担をかけたくないがために、私立ではなく公立の学校を目指している学生はとても多いのではないでしょうか。
ましてや景気情勢を考えた時、出来れば学費の負担の小さい公立をと考えるのも解らない話ではないですからね。
大学や専門学校くらいになると、学費の一部を自分で支払っている学生もいるようですし、奨学金を活用して、自分自身で返済するよう努力している人もいるようです。
奨学金の場合、金利そのものは低いのですが、何せ学費は安くはないですから将来的に大きな負担を強いられてしまう状況になりかねないというリスクもあるようですね。
学生時代にはなかなか解らない部分でしょうが、大人になるにつれて、学費を払ってくれれていた事が如何にありがたい事なのかを理解する事が出来るようになってくるとも言われています。
学費を通して、親への感謝に目覚める人も多いようですしね。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18316047_M
    AKB48と言えば握手会です。2月11日にも横浜で握手会が行われました。ちなみにシングルCDでは握手…
  2. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…
  3. pixta_12975080_M
    12月4日、岐阜県は関ヶ原古戦場周辺を「日本遺産」に認定してもらうべく、来月にも文化庁に申請する方針…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP