大型陶器の修理方法とは

一般家庭でも陶磁器製のお茶碗などはあるでしょうが、装飾品や植木鉢?として大型陶器を持っている人もあり、キャラクターを象った陶磁器製品をお土産などでもらったケースも少なくないようです。大型陶器であれば常識的にも値段が高くなるので、安易に買い換えることもできず、破損した場合には可能な限り修理方法を考えて末永く使いたいものです。そこで大型陶器に適した修理方法とは何でしょうか?陶器は通常の接着剤を使用できないので専用のものを選ぶことになりますが、大型陶器に限らず陶磁器の修理に際しては金継ぎ(きんつぎ)と呼ばれる修理方法が採用されます。昨今では金継ぎキットがホームセンターなどでも売られていますが、大型陶器であれば必要な資材も多く、重量も相当であるため素人が綺麗に仕上げるのは難しいでしょう。時に陶器であれば明らかな修繕跡があると興醒めしてしまうので、仕上がりを考慮すれば専門の業者にお願いするのが現実的な修理方法です。もちろん業者に依頼すれば相応の費用、1万円以上?そして時間がかかるので、破損してしまった大型陶器の購入価格や自分としての愛着度を天秤に掛けて修理方法を選択することになるようです。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…
  2. pixta_18316047_M
    AKB48と言えば握手会です。2月11日にも横浜で握手会が行われました。ちなみにシングルCDでは握手…
  3. unspecified (1)
    1月4日、とあるテレビ番組にて「明智光秀はその後南光坊天海(以下、天海)になった」と、する都市伝説が…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP