外国語がわかる

外国語といえば「英語」だと思っていませんか。しかし、世界でもっとも多くの人に使われているのは、中国語だといわれています。中国の人口は世界の30%ですから、これはうなずけますね。そして2位に続くのがスペイン語。これは、スペインだけでなく、一部アフリカ、中南米の多くの国でスペイン語が共通語として使われているためです。3位に続くのが、ご存知の通り英語なんです。こう考えてみると、英語だけが世界共通語ではないんですね。その他にも、フランス語、ドイツ語、オランダ語、もちろん韓国語や、インドネシア語だって、ポピュラーな外国語です。そんな外国語を上達させるために必要なのが、「その外国語を使わないと生活出来ない環境に自分を置く事」です。日本で外国語教材を使って勉強は出来ても、練習が出来なければ、外国語は一向に上達しません。「この外国語が使えなければ、パンも買えない!」というような状態で有れば、自然と単語数も増えていくものです。「外国語はやはり現地で習得するのが一番」といわれているのには、そんな理由があるのです。さらに、伝えたい!分かりたい!という気持ちが強くなる国際恋愛も、外国語の上達には有効だといえるでしょう。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…
  2. pixta_18316047_M
    AKB48と言えば握手会です。2月11日にも横浜で握手会が行われました。ちなみにシングルCDでは握手…
  3. unspecified (1)
    1月4日、とあるテレビ番組にて「明智光秀はその後南光坊天海(以下、天海)になった」と、する都市伝説が…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP