塗料の処分方法

余ったペンキなどの塗料は、どのように処分したら良いのでしょうか。
基本的に、多くの自治体では、ペンキの缶などの処分を燃えないゴミとして行っている場合が多いのですが、その中身であるペンキの処分はなかなか知られていません。
ただ、ペンキなど塗料の処分方法は、自治体によって異なる為、まずはお住まいの自治体に問い合わせてみるのが一番だと言えるでしょう。
基本的に、塗料はそのまま出すと埋め立てゴミとして処分され、広げた新聞紙に塗り広げる場合には、不燃ゴミになります。
処分の仕方は、残っている塗料の量によっても異なりますが、もしそこまで量が無い場合には、新聞に塗り広げた方が処分しやすいと言えるでしょう。
さらに、塗料の処分をする場合には、専用の粉を使って塗料を固めてからゴミに出すという方法もあり、少量なら不燃ゴミ、量が多くなると産業廃棄物として処理される事が多いと言われています。
また、建築業者や、塗装業者の方に引き取ってもらうという方法もありますが、これは、塗料の量によっても異なる為、まずは自治体に問い合わせてみる事が第一だと言えるでしょう。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…
  2. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…
  3. imasia_13183555_M
    元旦は、何かの目標を決めるのに良い日です。もちろん何かをスタートする際、雑学にこじつけて日を選ぶ…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP