土地購入について

住宅を建てる目的で土地を先行して購入するケースもあると思います。このように土地購入をする場合の注意点について考えてみましょう。まず、その土地がどのような目的で使用できるかを知ることが第一の注意点です。つまり購入しても住宅が建てられない地域であったり(市街化調整区域)、建蔽率の関係で土地の何%までしか建物を建てられない(上に高くする?)、容積率の関係で土地面積の何%までしか床面積を設定できない、高さ制限や斜線制限がある、などの注意点があります。悪徳不動産屋ではない限りこのようなケースは少ないでしょうが、購入した後にトラブルが生じても困りますので、土地購入の契約をする前に、これらの注意点について十分に検討しておきましょう。また土地購入時の注意点として、現金で購入する場合は問題ありませんが、土地購入のみのケースでは住宅ローンが使えない場合がありますのでご注意ください。住宅建設目的で土地購入をする場合は、不動産屋または建築設計事務所などと相談し、あらかじめ住宅建設の計画をしてから土地購入をするようにしましょう。土地購入契約をした後に住宅ローンが使えません!ではキャンセル料を支払うことになりかねませんのでご注意ください。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…
  2. imasia_13183555_M
    元旦は、何かの目標を決めるのに良い日です。もちろん何かをスタートする際、雑学にこじつけて日を選ぶ…
  3. pixta_16513349_M
    具体的かつ客観的なものは何か?統計などの数字かもしれません。しかし妻の収入が25万円増えたら…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP