各位の使い方

事務的な手紙の敬称に各位があります。関係各位、保護者各位などと使われますが、時に使い方としておかしいケースがあります。まず各位とは「皆様」という意味です。つまり関係者の皆様、保護者の皆様ということです。ここで「様」とあるように各位には基本的に敬称が含まれています。そのため関係者様各位、保護者様各位などのような使い方はおかしな表現です。また関係者各位様、保護者各位様もおかしな使い方です。なお言葉は常に変化しています。敬称の意味も当然変化します。例えば現在は目下の男子の敬称として使われる「君」はかつて「きみ=公」という意味で目上の人に対して使っていましたが、現在目上の人に使うことはタブーとされています。このように各位の使い方に関しても変化があり現在では様々な解釈があります。しかし基本的な使い方として「皆様」というのは不特定多数を意味しており、どこまで相手に対して敬意を払っているか?ということです。大切なお客様宛てに出す手紙であれば、「関係者」という表現はしないでしょう。保護者に対しても「保護者の皆様」と直接表現した方がより敬意を払っていると思われます。あくまでも各位は事務的な敬称なので、その使い方には注意しましょう。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…
  2. unspecified (1)
    1月4日、とあるテレビ番組にて「明智光秀はその後南光坊天海(以下、天海)になった」と、する都市伝説が…
  3. pixta_12975080_M
    12月4日、岐阜県は関ヶ原古戦場周辺を「日本遺産」に認定してもらうべく、来月にも文化庁に申請する方針…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP