取り敢えず流行りの映画を!

たまには映画でも見に行くかぁ!?
と思ったはいいけど、いざとなったら、どの作品を見ようかと迷ってしまう事ってありませんか?

あるいは、初めてのデートで映画なんていうのは、異性との会話が苦手な人には特にありがちなパターン!
何しろ、上映中の1時間半から2時間の間は、一言も口を利かなくてもいいんです。
さらに、見終わった後からは、その映画の話題で話を進める事が出来、口べたな男性にとって映画は、強い味方になってくれる事間違いなしでしょう。

けれど、いずれにせよ、本当に見て良かったと思えるような映画を選択しなければ、その価値は半減してしまいます。
頻繁に劇場に足を運んだり、DVDを見ているような映画ファンなら、いつもかも当たりとは限っていないのが当たり前!
時にはハズレ作品があっても、それほど堪える事はなく、また次への期待が膨らむというものですが、たまにしか映画を見ない人やデートで劇場へ行こうという人にとっては、その一本の与えるダメージは決して小さくないだろうと予測出来ます。
故に、極力失敗しない作品を選ばなければなりません。

しかし、実際問題、映画のように趣味嗜好の強いものは、誰が見ても面白いと思える作品など、存在しないと思っておいた方が無難なのです。
ですから、何より自分たちの好みで選ぶ事が重要で、必ずしも流行の作品なら楽しめるとは限っていないという事を知っておきましょう。

しかも、あの作品にも、この作品にも付けられている"全米NO.1"の表記!
テレビCMでも飽きる位耳にしていますよね。

でも、よくよく考えてみて下さい。
こんなに次から次へと全米1の映画が出て来たら、本当のナンバーワンなんて分からないでしょう。
そう、その通りなんです。
この"全米NO.1"というのは、毎週発表される全米興行収入のランキングで1位になった瞬間付けてもられるキャッチフレーズで、一度でもその地位に就けば、その後一気に下降したとしても、日本ではその肩書きが外される事はありません。
だから、次から次へと全米NO.1の作品が上陸して来るという訳です。
それどころか、それが絶対的にアメリカで流行った作品とは決まっておらず、逆に、公開前の話題性が高すぎて、初日に大勢の人が見たために、一瞬興行収入は上がったものの、その後評判が大幅に下がり、予定より早く打ち切られたというような作品も混じっていますからね。
やっぱり頼りになるのは、日本国内での評価。
取り敢えず流行りの映画をというのであれば、身近な口コミ情報を参考にされる方がよほど確実でしょう。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. unspecified (1)
    1月4日、とあるテレビ番組にて「明智光秀はその後南光坊天海(以下、天海)になった」と、する都市伝説が…
  2. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP