初心者が飼育で気をつける事は

初めてレッドビーシュリンプを飼育する場合には、どんな種類のレッドビーシュリンプから始めた方が良いのでしょうか。
レッドビーシュリンプの種類には、モスラ、日の丸、バンドなど、色の付き方や大きさによってグレードが別れていますが、初心者向きなのは、グレードが低く飼育、繁殖が簡単なバンド系のレッドビーシュリンプです。
バンド系のレッドビーシュリンプなら、安価で手に入り、繁殖が簡単なので、万が一、レッドビーシュリンプが死滅してしまった場合も、ショックが少ないと言われています。
そして、バンド系のレッドビーシュリンプは、1匹90円ほどで、個人の熱帯魚ショップで買い取りをしている場合が多く、1匹の単価は少なくても、量で考えると、グレードの高い品種よりも稼げるそうです。
ただ、これは、個人の熱帯魚ショップで買い取りをしてもらった場合で、ネットオークションでレッドビーシュリンプの販売を考えている方には、あまりオススメ出来ません。
近年のネットオークションでは、価格の安さよりも、グレードの高さを求める方が増えて来ているため、グレードの低いレッドビーシュリンプは、あまり売れないと言われているのです。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18790842_M
    11月14日、財形新聞の発表によると最も引っ越し回数が多いのは熊本県出身者との事ですが、引っ越しはと…
  2. pixta_13289720_M
    全国各地で秋真っ盛りとなっておりますし、21日から23日にかけては3連休という事もあって各地で賑わい…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP