修理に出すより買った方が?

デジカメがすっかり普及した昨今、最も頻繁に起きるトラブル、それは電源が入らないというものです。そうなれば皆さん、たちまち故障だと思って修理を考えられる方も多いようですが、実際には、その大半は、バッテリーの電池切れ!従って、単に充電するだけで治る訳ですし、何ら大騒ぎする必要性はありません。ただ、稀に、ヒューズ切れによって、電源のオン・オフが出来なくなってしまっている事があります。そうなると、ヒューズの交換が絶対条件になって来る訳ですが、この修理費用が実は、結構バカに出来なかったりなんかするのです。というのも、部品そのものは特別高価なものではありませんが、メーカーに出すと、技術料というのを取られます。これは恐らく、カメラの修理を専門にしているところでも同様だろうと思われますが、それを加えると、1万円以上の見積りが出される事はしばしばなのです。無論、それでもまだまだ使える状態であるのであれば、直して使うのが最もエコで、良心的だとは言えるでしょう。しかし、今や安価なデジカメは、1万円代でいくらでもありますし、ネットオークションを覗けば、類似の商品か、それ以上に高性能な中古カメラが、ほぼ同額で多数出て居たりもします。そうなると、元々リーズナブルなデジカメを使われている方で、特に写真やカメラに対する趣味や拘りがある訳ではなく、単に記録用具の一つとして使用されておられるような方なら、直すより買った方が利口だという事になって来ます。そう、今や立派なデジタルカメラに見えても、実は実は使い捨てカメラであるという事なのであります。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…
  2. pixta_16513349_M
    具体的かつ客観的なものは何か?統計などの数字かもしれません。しかし妻の収入が25万円増えたら…
  3. pixta_18790842_M
    11月14日、財形新聞の発表によると最も引っ越し回数が多いのは熊本県出身者との事ですが、引っ越しはと…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP